夢見るように、考えたい

池田晶子さんの喝、”悩むな!考えろ!”を銘としております。

父母未生以前。

 

 

禅語に父母未生以前、というものがある。

 

不思議な言葉であるが、わかりやすく気づきを誘う言葉でもあるだろう。

 

ふつうは思わない。

自分は父母から生まれた。祖先があり、繋がって生まれてくるのが生命だ。

 

これはいかなる生命、あるいは存在でもあることだ。

 

と、思っている。

 

 

これはいわゆる”ものごころがつく”ということとイコール、

ほぼ全てといっていいだろう。

 

私がある。このなかに、この世界に。父があり、母がある。

 

導かれる、父母に、世界に。

 

そう、思うことになる。

 

 

これが”ものごころ”である。

 

想えばこの”ものごころ”の語もまた味わい深い。

 

もの の こころ、である。

 

 

自分こころ、ではない。

 

 

この語もまた、なにかをかたりかけるのである。

 

いまはそのかたりかけは措くとして。

 

 

父母以前の自分、と考える。

 

 

つまりそれは

 

 

時間がないのであればまあややこしくはあるが(以前、もないからして)

 

 

そこも措くとして、つまりは物心がつく前の自分とは、ということを

 

 

考えれ、ということである。

 

 

考えれ(笑)。。

 

 

誰が、考えるかも措くとして(措いてばかりですみません)。

 

 

 

生まれてわけがわからない自分のこと?

 

 

まあ、ふつうはそうなりますわな。

 

 

でもちょっと違う。その先への気づきを求められているようだ(誰に?((笑))。

 

 

 

 

そう、父母はあり、無い。自らが父であるなら、母であるなら、子があるなら。

 

 

 

あるいは”自分が死んだあとの自分”ということもいえるのかもしれない。

 

 

幽霊?霊魂?

 

 

 

そうじゃなくて。

 

 

 

父母以前、死のあと。

 

 

 

どちらも一。

 

 

全部であってなにもない。

 

 

 

 

といいうことなのだろうなあ。この語は。

 

 

 

いわゆる”一”“全””全ては一である””私は在る””I ’m THAT"

 

 

この辺なのだろう。

 

 

 

悟りたい、という希望を含む思いはエゴの作用であるとすれば。

 

 

たい=Wants は違う、ということである。

 

 

ただ、そうある。気づくこと。悟りたいと思うエゴがあるがエゴなのだなあ。

 

 

それが翻って”悟り”状態、というものなのかもしれない。

 

 

 

 

全ては循環している。

 

全ては永遠の今である。

 

 

 

 

 

存在することのシンプルな感覚

存在することのシンプルな感覚

 

 

サマーディ。

弟子 サマーディ(三昧)はなにかの役に立つものでしょうか?

   また、サマーディにあっては何かの想いが存在するのでしょうか?

 

マハリシ サマーディだけが真理を示すことができる。

   想いは、実在にヴェールを投げかける。

   それゆえに、サマーディ以外の状態にあっては、実在が実現されることはない。

   サマーディにあっては「私は在る」という感覚だけがあり、想いはない。

   「私は在る」という経験は、静かであることである。

 

P.126 ラマナ・マハリシの教え 山尾三省訳 めるくまーる社

 

三昧、という。

 

なんらかの対象物をきっかけに、入る境地である。

 

マハリシの言う通り、そこに"想い”はない。

 

在る場合はそれは三昧ではない。

 

 

想い、には執着があるだろう。

 

その執着がない境地こそが三昧、ともいえるのだろう。

 

 

 

生きている、仮にそうするのなら、維持が必要だ、との想いは、

維持が出来ない恐れを伴うものだ。

 

食べなければ、良く、善く、いまの”自分”より進歩しなければ。

 

それはいいこと、だと思われてきたが。

 

人類に欲がなければ進歩はない。

 

 

人類とは。欲とは。変化を欲するとは、

 

 

なにか。

 

 

 

 

 

そうした想いを置いてきたところにある三昧。

 

 

それはもちろん静かである。

 

静かであることも、想いがないので、よくはわからないのかもしれないが。

 

 

三昧、たぶん音からの訳であろう。

 

 

だがこの漢字、三という数字や味という字と似た ”昧”の字。

 

 

見ているとなかなか境地をうまく指し示しているような。

 

 

まあ、この”言葉”、はじめにあったものではあるのですが、

 

 

言葉、があった故にあるいは“想い”が導かれた/導かれる/導かれやすいのかも

 

 

三昧の中には、たぶん言葉もない。

 

 

だからこそ”静か”がある。

 

私は

 

在る。

 

ラマナ・マハリシの教え

ラマナ・マハリシの教え

 

 

私とは肉体である。

池田晶子さんの反語的名言。

 

この語のまえに”いっそ、こう思ってはどうか”という語が付くのだが。

 

 

アンチエイジング

 

年齢不相応に若い。

 

 

これらには浪漫(笑)ありますよね。

 

なんて書いていてもこの私、”私とは肉体である”を日々標榜し、

いちにち1万歩を目指していたりします(笑笑)。

 

だが(笑)などどいっているが、私とはこの肉体ではない、なんていう訳の分からない考え方は、池田さんの著書で出会うまで、思いもしなかった。

 

肉体でしかない、そも考えるまでもなく。

 

子供時代から成長すると、この肉体の変化に戸惑った。

 

日々変化する。老化、という語にはドクサとして“哀しみ”と”喪失感”がもれなく薫り憑いており使用要注意語句ではあるが、まあ事実として変化的老化はある。

 

そこには”私とは肉体である。そして日々老化するものである”

 

 

という哀しみが響いている。

 

 

その先にあるのはもちろん”死”。

 

先? 時間とはなにか、この直線的刹那感はなんなのだろう。

 

 

感じながらも感じないように一瞬一秒この脳裏にセットしていた。

 

考えない。死について考えると"魅入られる”。

 

 

まあだいたいそのような少年時代である。

 

 

子供がいるが、その反応を見て、やはり自分もそうだった

 

 

と最近感じたものだ。

 

 

メメントモリ。死を想え。

 

 

西洋文化?においては、土葬だからということもあるだろうが、しゃれこうべが”現世の皆さん”とだいたいはダンスを踊っている図案に人気がある。

 

わすれないように、露悪的ショック対応、という面があるのだろう。

 

日本だと髑髏はあるにはあるが、どちらかというと幽霊にリアル感があるように思う。

 

まあ、それはさておき。

 

 

死の恐れとは、すべての機能が分離した実体としての肉体のアイデンティティを受けいれた罰金だ。

死を恐れるのは誕生だけだ。

存在と不在は相互関連している二元性であり、これは存在感が起こったあとで初めて理解された。

それ以前は不在の感覚も存在の感覚もなかったのだ。 

  意識に先立って P.244 ニサルガダッタ・マハラジ

  (引用の段落は、変更しています)

 

池田さんはよく“往って還った人”という表現をされる。

 

そしてその例として“四聖”を挙げられる。

 

現代で”私は肉体ではない”と考え得る科学者を探しての記事があったと思い、

 

池田さん編・著の”2001年哲学の旅”をめくったが、目当ての箇所になかなか

 

たどりつけず、たどりついたのは池田さんへの一問一答。

 

75 ーあなた(池田晶子)は人間ですか?

「一種のオバケ」

(中略)

82 -時間とは何か?

「絶対的現在」

(中略)

92 -「魂」とは何か。魂は不滅なのか。

    身体は魂に比べて価値の低いものなのか?

「自己。自己性の謎。ある意味では身体は魂である」

 

 池田晶子 編・著 ”2001年哲学の旅” P.267-268

 

池田さんがおっしゃっる”魂”は、”池田某”と称される”この世の私”とは別の

存在、あるいは生命に近いもののように感じているが、

 

”ある意味で魂でもある”とは身体もまた魂と分かれたものではないということだろうか。

 

そして”池田晶子”という”オバケ”。

 

 

哲学をその口を通して現出させる巫女でもあった/ある方が、その存在をオバケとおっしゃるのはやはりそうはいっても

 

 

私とは肉体でもあるが、それだけではないものでもある、

 

 

まあ、自分が肉体だ、と思い込んで疑わないのはちょっとね、

 

 

というところではないのだろうか。

 

 

 

意識に先立って ― ニサルガダッタ・マハラジとの対話

意識に先立って ― ニサルガダッタ・マハラジとの対話

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

2001年哲学の旅―コンプリート・ガイドブック

2001年哲学の旅―コンプリート・ガイドブック

  • 作者:池田 晶子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/03/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

 

 

宗教的精神と、宗教を信じる精神。

 

宗教的精神と、宗教を信じる精神とは、まったく別のものである。

宗教的精神は、その社会の文化から心理的に自由である。

 

いかにして神と出会うか

クリシュナムルティ P.25

 

人は生まれて、いわゆる”物心がつ”くと、その人が”たまたま”うまれついた環境に気づく。

 

そしてその環境(文化、といってもいい)に影響を受けて、”わたし”つまりエゴを育ててゆく。

 

その前は、単に”生まれたから生きている”という状態といってもいいだろう。

 

ゲーム、という構図は、人生と似ている。

 

ロールプレイングゲームでは、"ゲーム内でのいち人格”を得て、ゲームをしようと”意思する”。

 

これが此の世のあれやこれや(含む人間)をやろう、という(誰が、というと、それは”神の退屈”ということになるだろうか。ただ、退屈はあるが、”神格””意思”はなく自然発生的であろうが)契機があり、こうなっている。

 

ゲームでは、種族や属性がある。わかりやすいところでは、魔法使い、戦士、といったやつだ。

 

人生でも属性は、”まわりの文化=環境”で徐々に構築される。

 

そこにはいわゆる”世俗的=いきるよすがとしての、金を産む、生活としての=宗教”があることもあるだろう。

 

たぶんここ、日本ではその縛りは薄いだろう。八百万の神をもち、自然と年古りた猫神(猫又)ややかんやしゃもじ神をもつ世界だ。

 

根底にはある種の自由祝祭感が、あるように感じる。

 

 

そうした土地で、クリスマスや初詣や、盆休みなどをして過ごす。

 

すでにこの3つの行事でおおくの宗教に接している。

 

 

天使や悪魔や人外や宇宙人や怪獣や幻獣やヒーローやヒロインに出会う。宇宙旅行も脳内では盛んである。

 

そうした中で”宗教の勧誘”も受ける。

 

イメージは複雑だ。たぶん”宗教=壺を買わされる”という印象もあるだろう。

 

布教し、私財を寄付し、来世の幸運を“贖う”。

 

 

これが神か?

 

いやあ、これはきつい。だが、どうもそういうことになっているらしい。

 

 

そこを超越して”神を信じる”ことができるのは、たぶん”無理やり”だ。

 

 

だが、そこから逃れにくいのは、たぶんそれが”周りの文化=環境”の一部だから。

 

 

そこを否定することに繋がる、無意識で。

 

 

 

そこを、クリシュナムルティは、突いている。

 

ちがいますよ。

 

 

宗教的精神、それは文化とは無関係だ。

 

 

受けいれ、感じること。

 

 

そこではじめて出会う世界。

 

 

ここはなぜだかわからないが、簡単なようで、本当にわかりにくい。

 

 

たぶんエゴの自己保全本能が利いているのだろう。

 

 

だが、

 

 

こうストレートに言われると、

 

 

なんか突破口が、うすぼんやりと見えてくるような、

 

 

気がする。

 

 

いかにして神と出会うか

いかにして神と出会うか

 

 

正月に、BOOKOFFで、700円で買いました。

夢とはなにか。

夢おち、ということばがある。

 

あまりいい語感ではない。

 

 

 

だいたいは、まとまりきらない、とっちらかった、大風呂敷の話を

強引に落とすときに無理やり全部夢でした、 

としてまとめる手法のことで、

 

オハナシとしては下の下、という印象がある。

 

 

 

”夢でしか落とせないのか””面白い話であったのにがっかりした” 

というような反応が出てくる場合もあろう。

 

 

 

有名なところでは、ドジスン教授のアリス、

 

あのお話は、川辺で姉の膝で眠ったアリスが見た夢、全ては夢でした、で落ちる。

 

あの幻想が好きであるので、夢おちかあ、と残念に思った記憶がある。

 

 

 

もう一つ、本ブログのタイトル、”夢見る様に、考えたい”であるが、

 

これは池田晶子さんが、考える、ということを大切になさっていることに加え、

 

夢、というものに(僕から見ると)たいへん重きを置かれている印象があること、

 

 

 

 

そして、前述のように、僕自身はあまり夢、というものに重きを感じないのが本音であり、

 

しかし、ではなぜ池田さんはそのように夢を重要視されるのだろうか、という気持ちがあったことから、

 

 

タイトルに敢えて”夢”を入れた、入れてしまった、ように思う。

 

 

 

 

池田さんは、例えば夢日記をつけられた経験を記されたり、ご自身の中で夢と”この世のあれこれ”の軽重があまりない、という風な印象をお持ちだったりするように思う。

 

 

 

僕自身は、そもそも夢をあまり覚えていない。あるいは夜半に目覚めてあまりに見た夢がリアルかつ面白かったことから、そしてこうして目覚めている(ように思う)時間にこれほど鮮明に覚えていることから、

 

ああ、朝おきたらメモくらいつくるか、

 

といった気持ちで再び眠るようなことが結構あったりするのだ。

 

 

 

 

 

しかし、朝起きてみると、

 

 

あれ?

 

あの夢のリアルと質感と面白さは、

 

どこにいってしまったのかな??、

 

 

 

 

である。

 

 

あるいは、無味乾燥な断片、なにが面白かったのかな

 

 

と思ったりする。

 

 

であるので、自身の本音では、夢とは眠りのあいだに今この肉体の一部であるこの脳漿が脳味噌が脳幹が、現実の諸条件を解き放たれて、自由に暴走妄想するだけのことである、ああ、この身体を休める眠りにふさわしい、脳の遊戯タイムだ、くらいに思ってきた。

 

だが、池田さんに加え、たとえばマハラジを読むと、

 

 

この”現実世界”も”夢”も同様に、ワンネスの遊戯、絶対の空間に仮に時間と5大元素が集まり、この肉体この限定された心(=生きる)を以て”起きているように見える”だけのことであり、実際は何も起こっていないのだ。夢もまた。

 

などということが書かれていたりする(勝手な私の把握ですが)。

 

 

ちょっと視点がずれてくる。

 

 

 

現実とはこの手触りである、触れない夢は夢である、と 

思ってきたのであるが、

 

 

果たして”触れる””実感”とはなにか、

 

 

”触れ”ても所詮神経という仮のものが、5大元素が仮にあつまった”人”や”もの”や”光”や”影”や、

 

”時間”のなかで”仮に”うごめいているこの永遠の一瞬であるだけなのではないか、

 

と思えてくる。

 

 

 

 

そうした視点で考えてゆくと、

 

 

それは果たして”夢”と本質的などんな"差”があるのだろうか、

 

 

いやあ、無い。

 

 

無いいよなあ・・・

 

 

 

 

と反語の学習のような感想が、浮かんでくるのであった。

 

 

 

 

 

たぶん、そうだ。この

 

 

手触り、実感、

 

 

これに重きをおくのは(この”体”この”脳”が重きをおいてしまうのは)、置かないとこの”生”、”エゴ”が

 

 

立ち行かなくなってしまうから、なのかもしれない。

 

 

 

”巧妙なる逃げ”。自然に起こる。

 

 

 

 

 

 

 

........またまたとっちらかった感想を書いてしまいました......

 

 

 

まあ、この世は夢、胡蝶の夢、ということで、

 

 

 

 

どうかお許しください(←夢おち)。

肉体、とはなにか。

肉体。

 

言葉を慣れ親しんで使っているなかで、

 

ふと言葉、あるいは漢字に含められた、成り立ちに関わる

先人の想い、というようなものを感じることがある。

 

例えば

 

”自分”。

 

 

これは池田さんもどこかでおっしゃっていたように思うが(どこだったかな)、

 

”だれか、あるいは意思のないところからの意思により”自らにわけあたえられた部分、

という語感をワタクシは感じる。

 

分け与えられる、とは

 

なにから?

 

全体、みたいなものが、あるのかな?

 

なんか、あるように感じる部分、あるなあ、

 

そういうことなんかなあ??

 

 

(あ、いまのは私の脳内呟きです←標準語とのバイリンガルですが(笑)、独り言と家庭内(ワタクシ以外関西人なし)ではずっと神戸でのはなしっぷりと変わりません)

 

と思わされる、”深い”言葉である。

 

 

言葉を味わうことで、言葉に込められた想いや哲学、先人がそれをそう、思ってきたこと、がじわり感じられる。

 

そして”肉体”。

 

 

最近読んでいるマハラジでは

 

あなたは、肉体ではない、

 

 

ということをいい、そのことに気づくように促す。

 

 

肉体ではないのか?

 

 

3-4歳?で意識が生まれ(=自意識?)、生まれた意識とは”自分”とは”この肉体であり、この考えである”という自己同一化、と言ってもいいだろう。

 

しかし、肉体ではない、という視点を持てば、崩れる。

 

 

 

服で装うこと、”服を着た自分”が”自ら選んだ例えば車に乗ること。

 

これは、入れ子構造だ。

 

 

服で自らの想いや内面を表現する、という要素。

 

これが強い人と弱い人はあろうが、防寒面以外、あるいは防寒が確保されたのちに出てくる。

 

いわゆる“衣食足りて”の衣食の部分。

 

私は比較的この感覚が強かったようだ。

 

 

思い出すのは小学校4年の時。

 

 

転向した小学校で、“強制ではないが、みんなが着ている服”があった。

 

”スモック”と呼ばれていた。

 

黄土色、だった。

 

 

どうしても着るのがいやで、先生に“強制ですか?”と聞いたものだ。

 

 

その時の先生はありがたかった。

 

”強制ではない”

 

としてくれた。

 

結果、スモックを着ることなく、ひとりセーター姿で卒業写真に写っている。

 

 

いや、そういうエピソードが言いたかったわけではないが、まあ、つまり、

 

 

服装に内面吐露、を感じがちであった、そしてある私である、ということが言いたいのだ。

 

車、も似ている。

 

これも子供の時、まわりの車は白ばかり、という印象を持っていた。

 

”いつか大人になって車を持つことがあれば、絶対に白以外にする”

 

と決めていたものだ。そう、している。

 

 

つまり、そのころから”同調圧力”を感じ、そこから逃れたい、ということを思っていたのだ。

 

入れ子構造、でいけばこの肉体。

 

肉体も、栄養健康が確保、あるいは”維持してゆく意思のもと管理”があればそのあとにくるのは、”我が肉体をデザインする”意識であった。

 

この意識、服で装う、車にこだわる、という入れ子構造の一番身近な運用だ。

 

つまり、どういうこと?

 

肉体は、服のように、車のように、購入するのもではないにしろ、

 

”与えられ”、”意思のもと管理し””衣食足りた状態のあとは自己を顕示するツールになる”

 

 

という要素では共通のものだ。

 

 

そこから来た感覚。マハラジを読んで。

 

 

そうか、肉体とは自分(=私)ではない、のかもしれないなあ、

 

 

であった。

 

 

 

 

服が、”自分の服”、車が”自分の車”であることと同列で”自分の身体”ということはある。

 

だが、

 

 

それは”私”ではない、という

 

 

そういう気づき?考え方??

 

 

に対し、なるほどなあ、

 

 

となったのである。

 

 

 

 

SPECといってもいい。属性。色。

 

服は形と色がある。(選ぶのは自分だが)

 

 

からだも色、形、大きさ、太さ細さ、含有する脳の機能、

含まれる筋肉でできること、視力、声、

 

これは選べるものだ(自由度の問題はあれ)。

(選ぶ、とは、持っているものを磨き上げ、あるいは鍛え、あるいは脱色、着色し、といったような要素)

 

 

うーん。

 

 

そして”自分”と思っているこの気持ち。

 

 

これも”自意識”が生まれたあと、経験や感覚や、住んでいる場所、機構、まわりの

人々、学び、会社、家族、といった要素により形作られたもの。

 

つまりそのほかに

 

呼吸により生命活動を与えられているといういわば”人生”という名の3Dゲームの中の

 

SPECなのか。

 

 

そして”ゲーム”で戯れる(退屈なので)絶対にして一なるもの、

 

 

が”私”なのか????

 

 

うーん、今はそうなのかもしれないなあ、

 

 

という想いの中にいる。

 

 

 

マハラジの考えのなかで、

 

闇と光が、空間にある。

 

空間、属性と時間と限界(=境界)のないもの。

 

 

そこに闇や光が、在る。

 

 

その考えに接する前は、闇が空間だと感じていた。

 

限界の無い闇に、”はじめに光あり”。

 

 

闇も”空間”の中にある?

 

入れ子???

 

 

これはもう”感じ”。

 

 

感じ的には、”そのようなのかもしれない”と

 

いうところに

 

漂い中です。

 

 

「私を見よ」

出エジプト記33章20節

 

また言われた。『あなたはわたしの顔をみることはできない。人はわたしを見て、なお生きていることはできないからである』」

 

 この癖、”新年にはなんとなく改まった感じがする”を楽しんでおります。

 

会社勤めは実は時間通りに動くので、例えば通勤列車では本を5分位くらい読むこともあるが、これはこれで結構集中する。

 

で、”ああ、この瞬間に良い文章に(考え方に)接したわい”などと

 

詠嘆老人のような感想を脳裏に抱きながらはやあしで会社の門に向かう、などという日々は、これはこれでなかなか霊妙であったりする。

 

なので、つい休みになると、”あれ、時間をだらだら使っているなあ””グルテンフリーをできるところでやる、ということが出来てないなあ”

 

なんて想いも去来するのだが、

 

まあ、それもこれも”マインド”が”この5大元素の戯れたる「我が肉体」が”(BY マハラジ)思っていることだなあ、

 

送らず、迎えず、応じて而して蔵めず

 

であるのがいいよなあ、

 

すべては自動的に起こる。起こることを”変えたい”と思うこともまた自動的に起こるのであるが、その想いを”迎えず”、応じて“蔵め”ないのがやはりいいなあ

 

 

 

だからグルテンもよし、だらだらも運動不足もよし、そしてまた”運動不足なので散歩に行くかあ”も又よし。

 

 

 

 

 

すべてこの世はこともなし、

 

 

 

 

という語の深いところの意味あいは

 案外こんな感じなのかもしれない。

 

 

 

 

などと思っております。

 

 

 

 

あ、冒頭の引用、イエスを見ると”懼れ多くて 雷に撃たれるが如くぶったおれる”という風に読みがちですが、

 

たぶんこれはそうではない。

 

 

”生きるとはなにか”という”生きている、ということはなにか”という、”生きていると思っている”こととはなにか、という問いに、皆さん面しますよ、という

 

 

 

そして”生きている”こととは違う世界に、行きますよ(=”死んでいる”ともちがうかも)、

 

 

そんな意味ではないかしらん、

 

 

と思いました。

 

 

 

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。